診療時間 平日・土曜日 9:00~12:00/14:30~18:00   (水・日・祝日は休診日)

目と病気

角膜移植手術

角膜移植手術とは

角膜が濁ったり、傷ついたり、変形すると目の中に光を通すことが
できなくなり、視力が衰えてしまいます。
それを、ドナーからご提供いただいた健康な透明な角膜と交換
して視力を 回復させるのが角膜移植です。

角膜移植手術は、全国で年間1,500件ほどされてお
りますが、 全国には20,000件ほどの方々が
手術が必要だと言われております。
現在、様々な分野で研究が進む再生医療技術の
発展により、 角膜移植手術数を増加させていこう という
取り組みが 産学協同でされております。また、海外から
角膜を調達し、 日本国内で移植を行なう という取組みも
実施されています。

秦野院長を執刀医として、一般的に認知されている全層移植から
深部層状移植、 自家移植などと多様な方法で行っています。

角膜移植

ルミネはたの眼科としての取組み 

院長より

横浜市大の勤務時代に最も大切にしてきた角膜移植の医術が、開業してからも生かせるとは考えてもいませんでした。
しかし、藤沢には、ライオンズクラブを通して、角膜提供を呼びかけてくれる熱心な組織、また亡くなられた方の角膜の摘出を行なってくれる眼科の先生がおられ、その功績を引き継ぐで、このような実績を残すことができました。 ご協力いただきました皆様に感謝しております。

透明でなければ失明してしまう大事な角膜。
濁ってしまった角膜をいただいた透明な角膜と取り替えて、再び光を取り戻すことがかなう「角膜移植術」。
全国ではまだまだ大勢の患者さんが、光を失ったまま、角膜の提供を待っています。
「当院の角膜移植が、きっと誰かを幸せにします」 が、アイバンクのキャッチフレーズです。
善意の献眼の登録にご協力や興味がおありの方は、下記までお問い合わせ下さい。

当院の角膜移植手術は過去15年間で157 眼の手術実績です(神奈川県内での全手術件数の約1割)。 特に当院の院長が移植医療を重視する理由のひとつは、移植が人間社会にしか存在しない崇高な医療行為だからです。動物でさえ互いに傷をなめ合ったり、ノミをつまみ取ったりして、いわば広義の薬物療法や外科療法はしているのです。

神奈川腎・アイバンク推進本部 住所:横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館5F
TEL :045-242-3961 / FAX :045-242-2939 http://www007.upp.so-net.ne.jp/kjebank/
正常な視界
角膜移植手術

角膜移植手術の適応となる主な疾患は、眼内手術後やその他の原因で起こる水疱性角膜症、角膜ヘルペスやその他の感染性角膜炎などで起こる角膜混濁、その他、円錐角膜、角膜変性症、角膜の化学傷や熱傷などがあります。 手術の方法には、全層角膜移植術、角膜表層移植術、深層層状角膜移植術、角膜深層内皮移植術、角膜輪部移植術、培養角膜上皮シート移植などがあります。 ※手術にかかる所要時間はおよそ60-90分です。

 

説明会の詳細はこちらをクリック

角膜移植手術の流れ

当院では角膜移植手術を日帰りで行います

手術後の注意点
1. 食事は普段と同じようにしていただいて結構です。
2. 食後の内服は当日より、点眼は翌日から開始となります。
3. 眼帯は翌日までそのままにしてください。
4. 帰宅後、目が痛むことはほとんどありませんが、何かございましたら、当医院までご連絡ください。
5. 入浴、洗顔、洗髪、運動は医師の許可が出るまでお控えください。

角膜移植手術前に知っておいていただきたいこと

角膜の提供はどのような方からなされるのか<

角膜を提供する意思のある方が亡くなられた後に眼球を摘出し、これを移植手術に適しているかどうかをチェックします。 アイバンクが設立されておりますので、登録された方が亡くなられたとき、あるいはご遺族が提供の申し出をなさったときに、角膜を戴きます。

提供された角膜の安全性について

国内のアイバンクを通じて提供された角膜も、(海外のアイバンク)からの角膜も、いずれも安全面で患者さんに新たな疾患が伝染することを防ぐためにについて厳しいチェックを行っています。 ドナー(角膜提供者)が感染しているおそれのある疾患(B型肝炎・C型肝炎・梅毒・エイズ・白血病)については、血液中の抗体検査やドナーの生前の状態などから徹底的に調べ、細菌・真菌の感染についてもチェックが行われています。また、提供された角膜が良い状態であるかも、アイバンクで詳しく検査します。これらの検査に全て合格した角膜のみが、角膜移植に使用されます。

1回の手術で両眼の移植は可能か

通常は1回の手術では片方の目のみをおこないます。両眼に移植適応がある症例では、その後数ヶ月から数年てから、もう片方の目を手術します。

 

手術の様子

当院では角膜移植手術を
行ないます

当院では角膜移植手術を実施しています。
角膜移植は変成や混濁している箇所が浅い場合は、角膜の表層を交換する表層角膜手術を行います。しかし全体が濁っていたり、変成を起こしている場合には全体を入れ替える全層角膜移植手術をおこないます。当院ではアイバンクと連携し、一人でも多くの患者さんに視力回復していただけるよう取り組んでいます。

角膜移植手術の流れ

当院では角膜移植手術を日帰り手術で行います。

来院 当院に来院していただき、担当眼科医の診察をお受けください。
↓  
診断 眼圧検査、視力検査、目のにごり度合い、眼底の検査などの検査を受けていただきます。
また、血液検査など内科的検査を受けていただきます。
↓  
コーディネータと面接 アイバンクコーディネータとの面接を行います。その後ドナーが決まるまで待機
↓  
手術 ドナー決定後、緊急移植手術
↓  
手術後 手術当日お帰りいただきます。入院はありません。
翌日、術後の経過を見るために、ご来院いただきます。
その後は、医院スタッフの指示に従い、ご来院ください。

はたの眼科

はたの眼科のご案内

はたの眼科は藤沢駅ビル、ルミネの7Fにあるので通勤や通学の途中に便利です。
雨の日でも濡れる事なくスムーズにご来院できます。

診療時間

平 日 9:00~12:00 / 14:30~18:00
  土   9:00~12:00 / 14:30~18:00
※受付は最終17:30までにお済ませください。

休診日

水曜 / 日曜 / 祝日(振替休日含む) / 日曜日が祝日の時は日・月連休します。

問診票

● 初診用問診票 pdf

● 再初診用問診票 pdf

ダウンロードして印刷したものに、事前に記入して持参頂けると、 待ち時間が短縮する可能性が高くなります。

※前回の来院から6ヶ月を経過されている方は、 再初診用問診票をお願いします。(予約の方は不要です。)

0466-50-0811

 

診療時間

09:00~ 12:00 14:30 ~ 18:00
一般外来 角膜専門外来 一般外来
一般外来 角膜専門外来
ドライアイ専門外来
一般外来
休診
一般外来 角膜専門外来 一般外来
一般外来 糖尿病網膜症
眼底疾患専門外来
ドライアイ専門
外来(隔週)
一般外来
一般外来 角膜専門外来(隔週) 一般外来
休診 休診
休診
■午前受付  08:30~12:00
■午後受付  14:00~17:30

今日 休診日
の日は休診日となります。