診療時間 平日・土曜日 9:00~12:00/14:30~18:00   (水・日・祝日は休診日)

目と病気

緑内障

緑内障は白内障とならんで眼の病気の中で最も一般的なものです。
定期健診はきちんと受けていますか?
緑内障は「見えにくい」「視力が落ちた」など、見え方がおかしいと
気付いたときにはかなり進行してしまっていることも少なくありません。
症状が進行する前に発見し、治療を始めることが大切です。

緑内障

緑内障ってどんな病気?

緑内障は、「眼の成人病」とも呼ばれ、40歳以上の20人に1人が緑内障であると報告されています。
緑内障は一般に眼圧(眼球内の圧力)の上昇にともない視神経がおかされる病気であり、多くの場合本人が気付かないうちに、非常にゆっくりと視野(見える範囲)が狭くなっていきます。
そのため、発見が遅れるケースが多く、緑内障患者の80%が病気に気づいていない潜在患者と言われています。
ルミネはたの眼科では、発見が遅れがちになる緑内障をご理解していただくために、定期的に説明会を開催しております。
まずは、説明会にご参加いただき、緑内障についてご理解していただければと思います。

視神経と眼圧の関係

・原発開放隅角緑内障

隅角(防水の出口)が狭くなり、房水の出口である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇します。ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。

・正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。 緑内障の約6割がこの正常眼圧緑内障です。

・原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、ふさがって房水の流れが妨げられ(線維柱帯がふさがれて)、眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

・先天緑内障

生まれつき隅角が未発達であることからおこる緑内障です。

・続発緑内障

外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイド剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

白内障説明会の詳細はこちらをクリック

緑内障の治療は?

緑内障は治療を行えば治る、という病気ではありません。 高血圧と同様にあなたに合った目標眼圧を定め、くすり(点眼、内服)、レーザー治療、手術療法などを用いて、これ以上進行しないよう、一生管理していく必要があります。

最初は1種類の点眼薬から治療を始め、効果が十分に得られない場合は、点眼薬の種類を増やしていき、目標眼圧が得られればそのまま継続します。
それでも不十分な場合は、レーザー治療、手術療法が必要になります

点眼薬で予防・抑制をします。濁った水晶体の透明回復には手術しかありません。
以前は黒目の半周を切り、水晶体全体を摘出したため、術後は分厚いメガネが必要でした。今は小切開から超音波法でレンズ内容のみを吸引し、人工水晶体を挿入します。人工水品体は無害で、生涯入れ 替え不要です。

ルミネはたの眼科ではあなたに合った治療方法を選択しますので、医師の説明をよく聞いて、納得してからその指示に従いましょう。

緑内障レーザー手術とは?

当院では、以下2種類の緑内障レーザー手術を行なっております。
1.選択的レーザー線維柱帯形成術(SLTレーザー)
2.レーザー光彩切開術

●選択的レーザー線維柱帯形成術 (selective laser trabeculoplasty:SLT)

開放隅角に対して行います。特殊なレーザーで、眼内の水(房水)の流出路である線維柱帯で水の流出の抵抗となっている色素をレーザーで飛ばして減らし、房水の流出を助け、眼圧を下げる最新の方法です。 レーザー治療なので、切らないので外来での治療が可能です。治療後すぐに普通の生活が可能です。副作用(治療後の一過性の眼圧上昇)が非常に少ないといわれています。 保険診療です。費用は片眼につき、1割負担で初診料込みで1万円程度、3割負担で3万円弱。眼圧にお悩みの方、緑内障で視野の悪化にお悩みの方は、ご相談ください。

●レーザー光彩切開術(Laser iridotomy:LI)

閉塞隅角に対して行います。エネルギーを一点に集め、プラズマ状態を引き起こし、衝撃を発生するアルゴンレーザー及びYAGレーザー、両種のレーザーを駆使し、周辺虹彩に穴を開け、もしもの場合に備え房水の流出路を確保するための治療です。多くの場合、閉塞隅角症の急性発作予防に用いられます。 緑内障は、視野に欠損が出てくるものです。一度視野に欠損を生じてしまうと、それを機能回復することはできません。緑内障の診療は現状維持が目的です。 緑内障が進行していくと、失明します。長期間、緑内障と付き合うという気持ちが欠かせません。失明に至るケースは稀ですが、眼科検診が欠かせません。日本での最近の調査では、日本人40歳以上の20人に1人が緑内障です。40歳を超えた方は、緑内障検査をお勧めいたします。

開放隅角のレーザー治療(SLT)

手術(濾過手術)点眼・レーザー無効例

手術の様子

当院では緑内障の
レーザー手術を行ないます

選択的レーザー線維柱帯形成術。
手術イメージ

選択的レーザー線維柱帯形成術の流れ

当院では白内障日帰り手術でこのような手術を行います

手術まで 点眼麻酔にて行います
↓  
手術当日 時間は10分程度で痛みはほとんど有りません。
↓  
手術後 病型によっては適応外となる事もあります。また治療効果には個人差があり反復治療が必要な場合が有ります。

はたの眼科

はたの眼科のご案内

はたの眼科は藤沢駅ビル、ルミネの7Fにあるので通勤や通学の途中に便利です。
雨の日でも濡れる事なくスムーズにご来院できます。

診療時間

平 日 9:00~12:00 / 14:30~18:00
  土   9:00~12:00 / 14:30~18:00
※受付は最終17:30までにお済ませください。

休診日

水曜 / 日曜 / 祝日(振替休日含む) / 日曜日が祝日の時は日・月連休します。

問診票

● 初診用問診票 pdf

● 再初診用問診票 pdf

ダウンロードして印刷したものに、事前に記入して持参頂けると、 待ち時間が短縮する可能性が高くなります。

※前回の来院から6ヶ月を経過されている方は、 再初診用問診票をお願いします。(予約の方は不要です。)

0466-50-0811

 

診療時間

09:00~ 12:00 14:30 ~ 18:00
一般外来 角膜専門外来 一般外来
一般外来 角膜専門外来
ドライアイ専門外来
一般外来
休診
一般外来 角膜専門外来 一般外来
一般外来 糖尿病網膜症
眼底疾患専門外来
ドライアイ専門
外来(隔週)
一般外来
一般外来 角膜専門外来(隔週) 一般外来
休診 休診
休診
■午前受付  08:30~12:00
■午後受付  14:00~17:30